普段、当たり前のように使っているお風呂のお湯、、、

 

ある日突然、給湯器が壊れてしまったり、不具合が起こったりすると、想像以上に不便な思いをしてしまうものです。

 

私自身が以前に経験したケースで、「数時間前まではシャワーからちゃんとお湯が出ていたのに、いざお風呂にお湯を貼ろうとすると、全くお湯が出てこない」という事がありました。

 

前もって不具合があったというような事は全くなかったので、いきなりお湯が出てこない状況になってしまい、非常に困りました、、、(涙)

 

今回は、給湯器が壊れて、水は出でるのにお湯が出ないという時の話を実体験をまとめてみました。

 

今回は賃貸のマンションのケースとして書いてみたので、似たような環境の方の参考になれば非常に嬉しいです。

Sponsored Link
 

お風呂の給湯器が壊れた!お湯が出ないのに水が出るケース

 

「お湯が出ないのに水は出る」といった場合の原因としては、

 

給湯器が壊れている

 

蛇口が壊れている

 

ガスが止まっている

 

凍結してしまっている(冬の時期)

 

というようないくつかの理由が考えられます。

 

「ガスが止まっている」場合、例えば地震などが起こった時に、給湯器の安全装置が作動しガスが止まってしまう事があります。

 

または、給湯器関係の配管の中で、寒さのせいで水が凍結してしまい、お湯が出なくなってしまう事もあるようです。

 

原因はいくつかあるにせよ、自分で特定する事が難しい事もあると思うので、ひとまず、不具合があった時の症状をまとめておくと良いと思います。

 

ちなみに、私の場合は、ガスコンロなどは通常通り使えていたので、おそらく給湯器の故障のように思えました。

Sponsored Link
 

マンションの給湯器が壊れた時に注意する事

 

マンションの給湯器が壊れてお湯が出ないと、慌ててすぐにでも修理したいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その時注意しなければならない事があります。

 

それは、「自分で勝手に業者に修理を依頼しないこと」です。

 

賃貸の物件の場合、まずは大家さん、または管理会社に連絡する事を最優先にしましょう。

 

そして、修理会社に依頼するのは、住んでいるあなたではなく、大家さんまたは管理会社の人にしてもらうようにしましょう。

 

なぜなら、基本的に、マンションのそのものや、備え付けの設備は大家さんの所有物であるからです。

 

大家さんの所有物に対して、あなたが勝手に手を加えてしまうというのは、してはいけない事になります。

 

例えばですが、先に自分で修理を頼んでしまい、後日大家さんや管理会社に報告すれば良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、それもやめましょう。

 

勝手に頼んでしまうと、修理代を負担してもらえない事もあるので要注意です。

 

ちなみに私が管理会社に連絡した際、この詳細が分かるとありがたいと言われたのが、、、

 

  • どんな不具合が起きているか
  • (室内の)操作パネルにエラーが出ているか
  • 給湯器のメーカー・型式・型番
  • 給湯器の製造年月日(給湯器本体に書かれています)
  • 給湯器が屋内にあるか屋外にあるか

 

このような事を聞かれましたよ。

 

この点が前もって分かると、修理の対応がスムーズにしやすいのだそうです。

 

私の住んでいる賃貸物件では、給湯器本体が約20年程という、大分長い間使われていたそうで、保証期間も切れていたこともあり、新品に交換してもらうこととなりました。

給湯器、操作パネル

給湯器が壊れてお湯が出ない!そんな時お風呂はどうする?

 

さて、こんなふうに、給湯器本体を新しいものに交換してもらう事となったのは良いのですが、新しい給湯器の搬入、そして屋内でのリモコン部分の工事が必要になったため、結局のところ、約1週間ほどお湯が使えない&お風呂に入れないという状況になってしまいました。

 

全く予期していない状態で、いきなりお風呂に入れないというのはなかなか辛いものだなと感じましたね。

 

そんな中、私がしたのが、

 

  • 知人宅のお風呂を借りる
  • スポーツジムのシャワーを利用
  • 銭湯を利用する

 

この三つを組み合わせて一週間を乗り切りました。

 

結局の所、家から最も近い銭湯を利用する場合が多かったのですが、銭湯を検索して探してみると、意外と閉店しまっている銭湯も多かったので、出かける前にチェックするのを忘れずに!

 

予想もしていないタイミングでお風呂が使えないとなると、知らず知らずのうちにストレスも溜まってしまいますよね。

 

そこで、少しでもスムーズに出かけられるように、銭湯に行く時の持ち物をまとめてみました。

 

銭湯に行く時の持ち物

 

シャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔料

 

 

タオル(複数枚)

着替え

お風呂に入った後、濡れた物をいれるためのビニール袋やエコバックなど

 

 

女性の方であれば、

 

メイク落とし

髪をまとめるためのヘアゴム

基礎化粧品(化粧品サンプルが余っていれば持ち運びも楽ですね!)

 

なども持っていくと良いと思います。

 

ちなみに、お風呂から上がって脱衣所に行く際に、身体を軽く拭いて水滴が落ちないようにするのが銭湯のマナーなので、タオルは複数枚持っていくのがオススメです!

 

 

私が銭湯通いをしていた時は、スパバックなどは持っていなかったのですが、こんなバックがあれば、もっと銭湯生活を楽しめたのかもしれない、、、そんな気がしています。

 

ちなみに、もっと気軽に買えるスパバックは、100均でも見つける事ができますよ!

まとめ

 

お湯が出ないとなると、すぐにでも修理したいと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。繰り返しになってしまいますが、賃貸の物件であれば、まずは大家さんまたは管理会社に連絡しましょう。

 

その際は、給湯器の型番や製造年月日、故障の状況などを前もって自分で調べておくと、修理までの時間が短縮されてスムーズにいくと思います。

 

給湯器は前もって不具合がちらほら出る場合もあれば、いきなり動かなくなってしまうという事も多いそうです。

 

小さな不具合が見られるという場合も、放っておくと大きな事故につながる可能性もあるので、決して放っておかず、気になる点があれば大家さんや管理人さんに早めに連絡するようにしてくださいね。

 

そして、予想していないトラブルが起こると「面倒だな、、、」という気持ちになってしまう事もあるかもしれませんが、お気に入りのお風呂グッズなどを用意して、上手く乗り切っていきましょう!

Sponsored Link