2017年3月17日に公開されヒットした、長編アニメーション映画「SING(シング)」

個性的で愛らしい動物達がメインキャラクターである事、そして、レディー・ガガ、ビートルズ、フランク・シナトラなど、豪華アーティストの曲が映画の中で多く使われた事でも話題となりました。

その大人気映画「SING(シング)」が、2019年3月16日(土)21時~、地上波で放送されることとなりました。

動物達だけが暮らす世界で、コアラのバスタ・ームーンが、経営難に直面している『ムーン劇場』を何とか立て直そうと奔走しています。そして、話題を集めるために、歌のコンテストを開催する事に。

各々の人生を変化させたいと、歌のコンテストには様々な動物達が応募してきます。そんな動物達の中には、内気な性格ながらも歌手を夢見るゾウのミーナもいました。

実はゾウのミーナ、秘められた素晴らしい歌の才能を持っているのです!!

今回は、ゾウのミーナ役を演じているMISIA(ミーシャ)さんが、映画ラストのクライマックスシーンで歌った曲が、いったい何という曲名なのかをチェックしていきたいと思います。

Sponsored Link
 

【SING/シング】ミーナ(MISIA/ミーシャ)がラストに歌った曲名は

「SING/シング」の中で、ミーナ(MISIA/ミーシャ)がラストに歌った曲名はいったい何なのでしょうか?

曲名は「Don’t You Worry ‘Bout a Thing/Stevie Wonder」になります。

本家(字幕版)の、 Tori Kelly バージョンの「Don’t You Worry ‘Bout a Thing」もパワフルで素敵なのですが、MISIAさんが歌うバージョンを聞いた人達から、「鳥肌がたった!」「贔屓目なしに本家より素晴らしいのでは!?」「スティービー・ワンダーに聞いてもらいた!」そんな声が多数あがりました。

(ちなみに、「SING/シング」の字幕版でミーナ役を演じた Tori Kelly バージョンの「Don’t You Worry ‘Bout a Thing」ミュージックビデオはこちらです。 → 

残念ながら、MISIAさんが歌う日本語バージョンの「Don’t You Worry ‘Bout a Thing」は、「SING/シング」のサウンドトラックには収録されていないため、彼女の歌声を堪能するには、映像作品を見るのがベストだと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SING/シング【Blu-ray】 [ マシュー・マコノヒー ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2019/3/12時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SING/シング [ マシュー・マコノヒー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/3/12時点)

楽天で購入

 

私も、この映画が公開された際に観に行きましたが、やはり最も印象に残り、なおかつ圧倒されたシーンが、MISIA さん演じるミーナが自分を解放して、圧巻のパフォーマンスを見せる「Don’t You Worry ‘Bout a Thing」の歌唱シーンでした^^

Sponsored Link
 

【SING/シング】クライマックスシーン以外にミーナ(MISIA/ミーシャ)が歌うシーンは

ステージ

クライマックスの「Don’t You Worry ‘Bout a Thing」の歌唱シーン以外にも、MISIAさんが演じているミーナの歌声が素敵な場面が、この映画の中には散りばめられていますよ。

こちらでは、MISIAさんのアカペラが堪能できます^^

「内気な性格で、極度のあがり症。でも歌がとっても上手い。」そんなゾウのミーナのキャクターにぴったりである繊細な部分と、声に内に秘める強さのようなものを感じる事が出来る素晴らしい歌声だと思います。

MISIAさんの歌ももちろん素晴らしいですし、声優として話している時も可愛らしい声なので、是非チェックしてみて下さい!

最後に

いかがだったでしょうか。今回は、映画「SING/シング」ゾウのミーナ役を演じた MISIA さんが、映画のクライマックスシーンで歌う曲名は何なのかについて調べてみました。

英語版の映画の吹き替えというと、どうしても本家のバージョンと比較されてしまいがちです。それでも「圧倒的に素晴らしい!」という声が多かった、ミーナ役を演じるMISIAさんの素晴らしい歌声。

ずっと内気で、自分の夢を叶えるための初めの一歩がなかなか踏み出せなかったミーナが、最終的に自分を解放する事ができ、そのパワフルな歌声にお客さんが熱狂する場面は、イチオシのシーンです。

何度見ても決して飽きることのない素晴らしいクライマックスシーンですので、もしまだ観た事がないという方に、是非オススメしたい映画です^^

Sponsored Link