女性の方であれば、毎日のように使うファンデファンデーション。ファンデの色を正しく合わせることって、なかなか難しいですよね。

 

コスメカウンターで美容部員さんと一緒に選んでもらい、その場では気に入った時でも、いざ普段使いをしてみると、なんとなく色が合っていないのでは?と感じたり、、、

 

私自身、最近新しく買ったファンデの色が、普段使いにしてみると少し暗めかな、と思い始めてしまい、どうすればいいのか悩んだということがありました

そこで、実際私が購入したアナスイのパウダーファンデーションを例に、解決方法を説明していきたいと思います!

Sponsored Link

ファンデの色が合わない時は、まず今持っているファンデーションの色味をチェックしてみよう

アナスイ、ファンデーション

 

私の例だと、お店の中では丁度良いと思っていたファンデーションの色が、どうも普段使いだと暗い感じがするというケースです。

 

きっとお店の照明と、普段生活する場所での照明の感じが違うのではないかと思いました。

 

お店で肌にファンデをのせた時は「ばっちり馴染んでる!」と思ったのですが、普段使いだと、首の色との差が出てしまいます。

 

そこで、もともとお店で買ったファンデーションの色をチェックして、今回の場合、色が少し暗いと感じたので、同じ系統の色でワントーン明るめのファンデーションを購入しました。

 

アナスイファンデーション色

       参照元: https://cosmeland.jp/fs/cosmeland/268380                 

(私がもともと購入していたのは、アナスイのマットパウダーファンデーションの#202でした。そしてワントーン明るめの#201を後から購入しました。)

ファンデの色を間違えたと思ったら、まず同じ系統の色でワントーン明るめ、又は暗めのファンデーションを試してみよう

メイク用品

私が最初に持っていたのは、アナスイの#202、そしてその色が暗く感じたので、ワントーン明るめの#201を購入したわけですが、、、

 

ひとまず明るい色のファンデーションのみ(#201)で使用してみます。

 

すると今度は明る過ぎるのか、どうしても顔全体が白くのっぺりと見えてしまいます(涙)

 

顔のパーツに合わせて付ける分量を変化させても、どうしてものっぺり感が消えないので、そこでもともと持っていた少し暗い色のファンデーションを同時に使うという訳です! 二色使いということですね。

 

使い方ですが、暗い色のファンデの方はフェイスシャドウとして使います。フェイスシャドウは、フェイスライン、髪の生え際、顎などにのせます。

 

逆に明るい色のファンデはハイライトとして使うと良いので、T ゾーン(おでこから鼻にかけての部分)を中心に塗っていきます

 

そうすることで、顔の中にファンデーションの色の濃淡ができ、自然な印影ができるのですね。

Sponsored Link

ファンデの色を間違えたら二色使い! さらに肌を綺麗に見せるポイントとは

もし自分の肌の色に合わないファンデーションを買ってしまったら、ワントーン明るめ、または暗めのファンデーション購入して二色使いで使用すると良いと書いてきました。

 

私も二色目のファンデを購入した後は、何も知らずにパフでつけていたのですが、フェイスシャドウなどの濃い色はブラシでつけると自然に見えるそうですよ!

 

私はこのやり方をしっかり守るようになってから、周りの人に「どこの化粧品を使っているの?」と聞かれるようになりました。

 

実際聞かれたのは、ファンデーションの種類ではなく、基礎化粧品で良いものを使っているような感じがしたと言われたのですが、きっとそれは元の肌自体が綺麗に見えるような印象に見えていたのかなと感じたのです。

 

実際はファンデーションの使い方を変えただけだったのですが、二色色使いをすることで、一見自分自身は大きく変わったような気がしなかったのですが、周りに与える印象は多少変化したのだなと感じました。

 

是非、間違った色のファンデを購入してしまったとしても落ち込んだりせずに、有効活用してメイクアップを楽しんでくださいね !

Sponsored Link