あなたは、歯磨き粉の成分によって唇が荒れることがある事をご存知でしょうか?

 

私自身、以前から唇が荒れることが気になっていました。

 

しばらくの間は、歯磨き粉が原因であるとは気付かなかったのですが、ふと思い当たることがあって、合成界面活性剤なしの歯磨き粉に変えてみました。

 

すると、今まで気になっていた唇が荒れるという症状が全くない状態に!(驚)

 

もしあなたも私と同じような症状に悩んでいる時は、是非参考になさってくださいね。

 

Sponsored Link
 

 

歯磨き粉で唇が荒れる!私が悩んでいた症状

歯ブラシ

 

私が以前悩んでいた症状は、、、

 

唇がピリピリする感じ(日によっては少し赤く腫れているような状態になっていた)

 

唇がガサガサしたり皮がむけやすい

 

唇の端の方が切れる

 

歯磨きの後、しばらくの間食べ物の味が変わる

(歯磨き粉の味が残っているようで、食べ物の味が分かりにくい)

 

このようなものでした。

 

歯磨き粉を合成界面活性剤なしのものに変えてみた

歯ブラシ

 

しばらくは、唇が荒れる症状がまさか歯磨き粉が影響していたとは気付かなかったのですが、歯磨き後の食べ物の味が変わってしまうというのは気分が良くないな、、、と思っていたので、その改善のために、別の歯磨き粉を探すことにしました。

 

それがこちらの歯磨き粉になります。

 

一般的に、歯磨き粉の中に含まれている成分で注意した方がよい成分が、

 

フッ素(歯をコーティングしたり、虫歯予防のために使われています)

 

ラウリル硫酸ナトリウム(歯磨き粉を泡立たせるための成分です)

 

パラベン(防腐剤として使われています)

 

香料(歯磨き粉に人工的に付けられている香りです)

 

もちろんこれらの成分が特に問題がないという方は、歯磨き粉を使っていても、唇がピリピリしたり荒れてしまうことはないと思います。

 

しかし私の場合、フッ素が含まれている歯磨き粉を以前使った時、その後しばらくの間、食べ物の味が変わってしまった印象が強かったので、少なくともそういった強い成分は、私には合わない気がしました。

 

そんな事もあり、合成界面活性剤なしである「せっけんハミガキ」という製品を試してみました。

 

Sponsored Link
 

 

合成界面活性剤なしの歯磨き粉に変えたら唇が荒れることがなくなった!

 

合成界面活性剤なしの歯磨き粉に変えて数日、、、

 

なんと唇がピリピリする、口の端が切れやすい、歯磨きの後食べ物の味が変わってしまう、などの全ての悩みが解消してしまいました!!

 

歯磨き粉を変えてみて症状が治り、それでやっと自分の唇の荒れなどの症状が、それまで使っていた歯磨き粉が原因だったということが分かりました。

 

歯磨き粉は毎日使うものなので、ある日突然気になる症状が出たとしても、歯磨き粉が原因であるとは気付きにくいというのが難しいところだなと感じました。

 

もしあなたも、私と似たような悩みを持っている場合、ひとまず歯磨き粉を変えてみるというのも一案だと思いますよ。

 

あなたの気になる症状が少しでも良くなるように、この記事が参考になれば幸いです。

 

Sponsored Link