ここ最近では、一年中日焼け止めを使う方が多くなっていると思います。 夏はもちろんのこと、秋冬でも、紫外線の肌への影響は気になりますよね? 

そんな中、敏感肌の方はどうやって自分に合う日焼け止めを選べば良いのでしょうか? 

日焼け止めの中にも種類はたくさんあって、女性向け雑誌などでも成分の違いなどを特集しているほどです。

今回はその違いや、どうやって敏感肌の人が自分に合う日焼け止めを選べば良いかを考えていきたいと思います。

 

Sponsored Link

敏感肌とはどういった状態のこと?

女性

 

まず敏感肌の方は肌がどういった状態になっているのでしょうか?

そもそも健康な肌に大切なのは、皮膚の表側にある「角層の状態」となります

角層の状態が良いことで水分が逃げるのを防ぐ役目をしていたり、外からの汚れや乾燥から肌を守る役目をしているのですね。

しかし敏感肌の方の場合、その角層が不安定になってしまっているのです!

そのため、刺激から肌を守るためのバリア機能がうまく働かずに、外からの刺激に非常に弱くなってしまい、かゆみやニキビなどが出たり、化粧品などが合わずに肌が赤くなってしまったり、、、(涙)

季節の変わり目に肌が荒れてしまったり、自分の体調が変化した時に肌が荒れてしまうのも、そのアンバランスさが角層を不安定にしてしまうからなのだそうです。

 

そのような状態なので、もちろん紫外線などの影響も非常に大きく受けてしまうことになります。

私自身、まさに敏感肌の持ち主で、コスメカウンターでは美容部員さんに「皮膚が薄いですね」と指摘されることがしばしば、、、

日焼けをするとすぐ肌が赤く火照ったり、痛痒くなってしまうことが多いので、やはり紫外線の影響を受けやすい肌質であることを痛感しています。

 

日焼け止めは吸収剤それとも散乱剤、どちらが良いの? そしていったい何が違うの?

黒板に書かれた豆電球の絵

 

それでは敏感肌の方が肌を守るために日焼け止めを選ぶ場合、どういったポイントで選べば良いのでしょうか?

日焼け止めの中には、「紫外線吸収剤」または「紫外線散乱剤」が使われているものがあります。その他にも、吸収剤と散乱剤の2つが使われているものもあります。

 

それぞれの特徴ですが、、、

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤が含まれている日焼け止めは、一般的に、紫外線を防ぐ力が強いと言われています。ただ、紫外線を防ぐ力が強い分、同時に肌の負担も増えてしまうとも言われています。

けれど、つけ心地が良かったり白浮きなどもしないので、メイクをする女性にとっては使いやすい日焼け止めだったりと、利点もあるようです。

 

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を鏡のように跳ね返す役目をして、紫外線が肌に当たるのを防ぐという形で、紫外線から肌を守ります。「ノンケミカル」と表示されているものは、この紫外線散乱剤を使った日焼け止めだそうです。 一般的には、散乱剤の方が肌への負担は軽いとされています。

ただ使い心地があまり良くなかったりすることがあるようで、日焼け止めの商品によっても、使い心地がさまざまなことも。

 

Sponsored Link

「紫外線吸収剤」それとも「紫外線散乱剤」? 結局はどう日焼け止めを選べばいい?

敏感肌である私なりの選び方になりますが、 普段使いは紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを愛用しています

気になる使い心地ですが、いくつかの日焼け止めを試してみると、同じ散乱剤を使ったものでもかなり製品によって使い心地が違う気がしました。

ほぼ毎日、肌に塗るものなので、やはり使っていて心地が良いモノのほうが良いに決まってますよね。

最近愛用している日焼け止めは、ヴィサージュ UVカラーベース50 アイボリー(メイクアップベース)という、肌色の補正も兼ねている日焼け止めです。

 

visage uv color base

 

人それぞれに、日焼け止めに求める優先順位があると思います。(私の場合、肌に優しくて、肌色の補正が出来るとなお良い!というのが日焼け止めに求める条件でした。)

本当に自分に合った製品を見つけることができれば、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めだとしても、メイクとの相性もそれほど心配しなくても大丈夫だと言う結論に至りました。

逆に、イベント事などのアウトドアの際は、自分の肌に合うことを確かめてから紫外線吸収剤の日焼け止めを使うこともあります。

吸収剤と散乱剤のそれぞれの良い部分を利用したい場合は、2つ混合の日焼け止めを選ぶというのも一つの手かもしれませんね。

 

敏感肌の肌コンディションは日によって違いが大きいと思うので、自分の肌の調子や TPOに合わせて、いくつかの日焼け止めの使い分けができるとベストかなと感じています。

そうすることで、自分の肌にかける負担を最小限にすることが出来、さらに外部からの刺激から肌をしっかりと守ることも出来ると思います。

「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」それぞれのメリット・デメリットを知った上で、上手に敏感肌に合う日焼け止めが選べると素敵ですね!

 

Sponsored Link